2016年10月

初の「過労死白書」を公表 厚生労働省

おととし施行された過労死防止法に基づいて

過労死の実態や防止への取り組み状況を記した初めての「過労死白書」がまとまりました。

過労死等防止対策白書=過労死白書は

過労死や過労自殺をなくすため国が防止対策を行うことなどを定めた過労死防止法に基づき、

厚生労働省が毎年まとめることにしたもので、7日、初めての白書が閣議決定されました。

白書では過労死や過労自殺の労災が、

ここ数年200件前後で推移していることや

「過労死ライン」と呼ばれる月80時間を超えて残業した労働者がいる企業の割合が

昨年度2割を超えたことを挙げ、長時間労働の是正が課題になっているとしています。

そして、過労死の実態を解明するための調査研究として、

長時間労働が循環器などの健康に及ぼす影響の研究や労働者の長期的な追跡調査を始めたことなどを報告しています。

そのうえで、労働者の相談窓口の設置や継続的な啓発活動を通じて

過労死や過労自殺をゼロにすることを目指すと締めくくっています。

平成28年版過労死等防止対策白書【厚生労働省】
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/karoushi/16/index.html

3f9875c1d00...

※労災に関連する情報を定期的にお届けしています。

武藤社会保険労務士事務所

〒500-8463 岐阜県岐阜市加納新本町3丁目1-503

  2016/10/31   muto1020
タグ:

電通社員過労自殺 労働局が本社を抜き打ち調査

大手広告会社、電通に去年入社した女性社員が過労のため自殺した問題を受けて、

長時間労働の問題を担当する東京労働局の特別対策班が、電通の本社に抜き打ちの調査に入りました。

電通に去年入社した高橋まつりさん(当時24)は、長時間労働による過労のため、

去年12月に自殺し、先月、労災と認められました。

これを受けて、14日午後1時すぎ、長時間労働の問題を担当する東京労働局の過重労働撲滅特別対策班、

通称「かとく」のメンバーなどが東京・港区にある電通の本社に「臨検監督」という抜き打ちの調査に入りました。

今回の調査は、電通の本社だけでなく、全国すべての事業所を対象にしているということで、

厚生労働省として異例の対応だということです。

厚生労働省は、社員の勤務実態を調べたうえで、

労務管理などに問題が見つかれば、再発防止に向けて改めて指導することにしています。

電通では平成3年に入社2年目の24歳の男性社員が過労のため自殺していて、

塩崎厚生労働大臣は12日の衆議院予算委員会で

「この企業において再び自殺事案が発生したことは本当に遺憾の至りだ」と述べ、

再発防止策を講じるよう電通を指導したことを明らかにしていました。

電通は、「当社に東京労働局の調査が入っていることは事実です。調査には全面的に協力しています」とコメントしています。

官房長官「過重労働防止に厳しく対応」

菅官房長官は午後の記者会見で、
「厚生労働省において、今回の立ち入り調査の結果を踏まえて過重労働防止に向けて厳しく対応していきたい。

政府としては、働きすぎによって尊い命を落とすことが決してないよう、

働く人の立場に立って長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現などの働き方改革をしっかり行って、

こうしたことのないように改善をしていきたい」と述べました。

NHK NEWS WEB
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161014/k10010729731000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

a59060e43e0...

※労災に関連する情報を定期的にお届けしています。

武藤社会保険労務士事務所

〒500-8463 岐阜県岐阜市加納新本町3丁目1-503

  2016/10/25   muto1020
タグ:

事務所通信10月号 |武藤社会保険労務士事務所

事務所通信2016年10月号を掲載させて頂きます。

201610tsuus...

事務所通信10月号
 

お役立て頂ければ幸いです。
 

武藤社会保険労務士事務所

  2016/10/18   muto1020
タグ:

「ストレスでうつ病に」会社に賠償命令 東京高裁

仕事のストレスでうつ病になり、

解雇を通告された東芝の社員の女性が会社を訴えた裁判で、

東京高等裁判所は、東芝に対して賠償金などとして

6000万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。

東芝の開発部門に所属していた重光由美さん(50)は、

平成13年にうつ病と診断され、

3年の休職期間が終わったあとで解雇を通告されましたが、

「病気の原因は長時間勤務など仕事のストレスなのに、

不当な対応だ」として、解雇の無効や賠償を求める訴えを起こしました。

1審と2審で解雇は無効とされましたが、

賠償金の額については判断が分かれ、

おととし、最高裁判所が審理をやり直すよう命じていました。

31日の判決で、東京高等裁判所の奥田正昭裁判長は

「上司が負担の軽減を聞き入れないなど対応に問題があったが、

会社が職場復帰のために努力していることなども総合的に考慮すべきだ」として、

東芝に対して賠償金などとして6000万円余りを支払うよう命じました。

重光さんは「主張の一部を認めたことは評価したいが、

当事者の苦痛が低く見積もられている部分があり、非常に残念です」と話しています。

【NHK NEWS WEB】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160831/k10010662891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_027

0f2d0c6aa7c...

※労災に関連する情報を定期的にお届けしています。

武藤社会保険労務士事務所

〒500-8463 岐阜県岐阜市加納新本町3丁目1-503

  2016/10/04   muto1020
タグ:

武藤社会保険労務士事務所

〒500-8463
岐阜県岐阜市加納新本町
3丁目1番地 SPAZIO503

TEL : 058-242-9106
FAX : 058-215-8337

事務所紹介 アクセスマップ
一人親方労災保険組合の労災保険グ 労働保険事務組合 労働問題解決研究会
9月 2016年10月 11月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリー一覧

対応エリア

  • 愛知県
    名古屋市、刈谷市、豊田市、安城市、日進市、東海市、知多市、半田市、西尾市、愛西市、岡崎市、あま市、など愛知県全域
  • 岐阜県
    各務原市、岐阜市、関市、美濃市、岐南町、笠松町、羽島市、本巣町、北方町、瑞穂市、多治見市、可児市など岐阜県全域
  • 三重県
    津市、四日市市、鈴鹿市、桑名市など